ITの転職サイト比較

選考試験で、応募者どうしのグループディスカッション(数人で特定のテーマについて討論してもらう)を選択している企業は増えている。採用担当者は普通の面接では知り得ない特性などを確かめるのが目指すところなのです。企業の面接官が自分自身の意欲をわかっているのかどうかを確かめながら、その場にふさわしい一方通行ではない「会話」が可能なくらいになれば、チャンスが広がってくるのではないかと思われます。ハローワークなどの場所の職業紹介を頼んだ人が、その場所に勤務できることになると、様々な条件によって、当の会社から職業安定所に対して推薦料が振り込まれるとのことだ。

しかし、特にIT業界の場合、ハローワークに求人を出しているような会社はブラック企業が多い。なぜならハロワは求人の掲載料が無料だからだ。転職サイトや転職エージェントに求人を掲載する場合、安くは無い料金がかかるので、転職サイトやエージェントに求人を掲載しているということは、相応の資本力があり、かつ人材採用を重視している企業と言える。したがってIT業界で転職するならば、ハローワークよりも転職サイトを使った方が良いということ。

やっぱり人事担当者は、応募者の持っている真のコンピテンシーを選考などで読み取って、「自社にとって必要で、役に立ちそうな人物かどうか」真っ向から選び抜こうとするのだ。そう認識しています。たくさんの就職選考に挑戦していると、無情にも不採用になる場合のせいで、高かったやる気がみるみるダメになってしまうということは、どんな人にでも起きて仕方ないことです。勤務したいのはどんな企業かと聞かれても、答えることができないけれども、今の勤務先に対する不満となると、「自分への評価が適正でなかった」と思っている人がずらっと存在します。「自分自身が現在までに蓄積してきた特異な能力や特性を足場にして、この仕事を望んでいる」という風に自分と結びつけて、辛くも話しの相手にも妥当性をもってやる気が伝わるのです。

世間の話題を集めた「超氷河期」と初めて称された時期の年代で、マスコミが報道する内容や社会のムードに引きずられるままに「働く口があるだけで助かる」なんて、就業先をすぐに決定してしまった。職業安定所では、雇用に関する情報や経営に関連した制度などの情報が公開されていて、いまどきは、ついに情報そのものの応対方法もグレードアップしたように感じます。

収入や労働待遇などが、どれ位厚くても、毎日働いている環境こそが悪いものになってしまったら、次も他企業に転職したくなるかもしれない。著名企業のうち、何千人もの就職希望者が殺到する企業では、選考にかけられる人員の限界もあったりして、最初に大学名だけで、落とすことなどは度々あるから注意。通常、就職活動は、面接受けなきゃならないのも本人です。

試験を受けるのも応募する本人だけです。けれども、気になったら、信頼できる人の意見を聞くのもいいだろう。せっかく就職活動から個人面接まで、長い順序を過ぎて内定を受けるまで到ったといっても、内々定を受けた後の処理を取り違えてしまっては振り出しに戻ってしまう。「希望する会社に相対して、おのれという人柄を、一体どれだけ見事で光り輝くように表現できるか」といった力を向上させろ、ということが大事なのだ。【就職活動のために】成長業界であれば、すごいビジネスチャンスが非常にたくさんある。新規に事業を始めるチャンスもあるし、子会社の設立に携わったり、大切な事業やチームなどを任せてもらえる可能性が高くなるのである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加